スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬がパトカー誘導、火事知らせる ヒーロー?偶然?で熱い議論(J-CASTニュース)

 飼い主の自宅が火事でピンチ! そんな状況を犬が「救った」動画が人気を集めている。さらに、パトカーを誘導した形の、この犬の行動が、ヒーロー並みの行為なのか、それともただの偶然なのか、も熱い議論を呼んでいる。

 主役は、アメリカ・アラスカで飼われているジャーマン・シェパードのバディだ。道に迷ったパトカーの前を走り、飼い主の自宅の火事現場へ警官を導いたとして2010年4月23日には、現地警察から表彰状ももらった。

■「本物のヒーローだ!」「史上最高の犬だ!」

 この「お手柄」話は、CBSなどアメリカ大手TVネットワークも伝え、表彰の様子は日本でもフジテレビ系ニュースが報じるなどしている。バディの活躍を伝える、パトカーから撮った映像は動画サイト・ユーチューブ(YouTube)でも紹介された。同様の動画が多数投稿されており、なかには25万回以上再生されたものもある。

 動画を見てみると、夜間、雪がところどころ残る道をパトカーが走行中、前方左側にバディがライトに映し出される。バディはパトカーに向かってトコトコと走っている途中で、ライトに気付いたのか道を右折する。右折後はスピードをどんどん上げる。パトカーもバディの後を追って道を曲がり、とにかくついていく。程なく激しく建物が炎上している現場にたどりつく。

 パトカーは道に迷っており、バディの活躍で現場確認ができ、その後の消火活動に役だったようだ。バディは飼い主から助けを呼んでくるように言われていた。飼い主も無事だ。

 「本物のヒーローだ!」「史上最高の犬だ!」「この犬に骨を買ってあげたい」――バディ動画には、そんなコメントが多数寄せられている。アメリカだけでなく、ドイツやイギリス、ブラジル、トルコなどからも投稿がある。日本からもコメントが寄せられており、日本語ではなく英語で書いている日本人もいる。

■「犬には(誘導するなどの)抽象的思考はできない」

 もっとも、称賛の声ばかりではなく、疑問の声もある。犬は別にパトカーを誘導しようとした訳ではなく、単に自宅へ戻っただけではないか、マスコミが話を面白くしただけ、という指摘がアメリカ国内からもされている。コメント欄ばかりではなく、アメリカの市民記者サイトの中には、「バディはヒーローではない」「犬には(誘導するなどの)抽象的思考はできない」と大まじめに批判する記事もある。

 動物行動学や犬のしつけに詳しい日本のある大学研究者に話を聞くと、「詳しい状況が分からないのであくまで一般論」との前提で次のような解説をした。犬が「飼い主に危険が及んでいるのでパトカーを誘導した」とは考えにくい。犬にそうした思考が可能だとする研究結果はないという。パトカーのライトに驚くなどして自宅へ戻った行為が、結果的に「誘導した」形になったと考える方が自然だそうだ。

 一方、もっと大らかな目でこのニュースを楽しんでもいいのではないか、という人もいる。バディの活躍を「愛犬家ならずとも、思わず目頭が熱くなるはずだ」とサイト「ワールドペットニュース」(4月24日)で報じたペットオフィス(東京)の担当者は

  「専門家による犬の認識論は置いておくとして、とにかく結果的に『よくやったね』、『いいワンちゃんだね』と言ってあげていいのではないでしょうか」

と話していた。


■関連記事
ペット訴訟の慰謝料高額化 背景に「家族の一員」の思い : 2007/11/24
犬のヨガ付き沖縄ツアー 日本旅行 : 2006/05/11
ユーチューブで超人気のサエコ 「信じられないレベル」の歌唱力 : 2008/02/13
リスのけなげさに「泣かせる」 : 2010/04/28
<ストレス4>なぜ「有酸素運動」をすると頭がスッキリするのか : 2010/05/24

<訃報>津浦嵩さん75歳=元住友商事副社長(毎日新聞)
神戸地裁前で焼身自殺の男性死亡(産経新聞)
乳児虐待、両親を逮捕=傷害容疑、頭骨骨折など―大阪府警(時事通信)
「大阪を実験に使って」橋下知事、特区構想を力説(産経新聞)
選挙期間中のHP、ブログ更新OK…与野党合意(読売新聞)
スポンサーサイト

交際女性の同意得ず、薬品で流産…医師逮捕(読売新聞)

 交際していた女性にビタミン剤と称して子宮収縮剤を点滴し、同意を得ずに流産させたとして、警視庁は18日、金沢大付属病院の医師小林達之助容疑者(36)を不同意堕胎容疑で逮捕し、金沢市内の自宅などを捜索した。

 同容疑の適用は極めて異例だが、同庁は医師の立場を利用し、子宮収縮剤を悪用した疑いが強いとみて、強制捜査が必要と判断した。

 発表によると、小林容疑者は東京慈恵会医科大付属病院(東京都港区)に勤務していた2009年1月、当時交際していた30歳代の女性に「ビタミン剤」と偽り、東京都内の女性宅で2回にわたり、子宮収縮剤を点滴するなどした疑い。女性は当時、妊娠初期で、点滴を受けた当日に流産した。

 小林容疑者は調べに対し、「知りません」と容疑を否認しているという。

 子宮収縮剤は陣痛を促すためなどに使われる薬で、医療関係者によると、妊娠初期に投与すると、堕胎を誘発する作用もあるという。

 同庁は女性から被害相談を受けて捜査を開始。女性宅には子宮収縮剤の点滴パックが残されており、同庁は小林容疑者が女性宅で、この点滴パックを使ったとみて調べている。

 金沢市の小林容疑者の自宅マンションには18日午前11時過ぎ、段ボールを持った捜査員数人が捜索に入った。

中国中間層へも観光ビザ=発給要件を大幅緩和―政府(時事通信)
正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要(産経新聞)
普天間、岩国市長が訓練移転など拒否表明(読売新聞)
<宮中晩さん会>カンボジア国王迎え、皇居で 140人出席(毎日新聞)
“幽霊ホテル”やっと姿消す…19年野ざらし(読売新聞)

美人専門!だまして脱がせてパンス「盗」(スポーツ報知)

 広島県警大竹署は12日、女性ドライバーに脱がせたパンティーストッキングをだまし取ったとして、詐欺の疑いで山口県和木町のトラック運転手・大久保勝行容疑者(49)を逮捕した。脅迫もなしに、女性がパンストをその場で脱ぎ、見知らぬ男に手渡したという信じられない事件。ある意味、女性ドライバー心理に付け込んだ、その“あくどい”手口とは―。

 大竹署によると、大久保容疑者は4月1日午後9時20分ごろ、広島県大竹市の県道で、信号待ちをしていた山口県岩国市の女性保育士(22)の軽乗用車に近づいた。ここから詐欺の始まり。窓越しに、女性に「ブレーキオイルが漏れている。自分は技術があるので、ストッキングがあれば、応急処置をしてあげられる」と声を掛けた。

 もちろんウソだが、一般的にメカに強くないといわれる女性ドライバーが「ブレーキが利かなくなる」と言われては、不安になってしまう。保育士は着用していたパンスト(150円相当)を車内で脱ぎ、容疑者に手渡した。容疑者は、車後方に回ると、ゴソゴソと修理するふりをし、脱ぎたてパンストはこっそりポケットに。「直りました」とウソをつき、自分の車で走り去った。

 女性は帰宅後、男友達に車を見てもらい、故障もパンストもないことが発覚。警察に届けた。容疑者の車のナンバーを覚えており、パンストだけにそこから“足がつき”逮捕に。容疑者の自宅からは、パンストばかり計11足が押収された。昨年10月から、同じ手口の被害相談が警察に数件寄せられていた。

 同署によると、実は容疑者は事件前、コンビニで“ターゲット”を物色。買い物中の保育士に目をつけると、車で尾行していたという。同署によると、相談に来た女性たちも、保育士も「美人でスタイルのよい方ばかり。容疑者の好みだろう」という。容疑者は、スカートをはいた好みの女性のパンスト着用を確認した上で、尾行して犯行を重ねていたようだ。同署はパンストの使い道など、調べを進めている。


 【関連記事】
「オイルが漏れている」でパンスト脱がせ持ち去る
TBS社員をかたり詐欺
TBS社員名乗り詐欺容疑

鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず(J-CASTニュース)
<普天間移設>首相、一部受け入れ要請 徳之島3町長拒否(毎日新聞)
末期がん患者への介護サービス迅速化を―厚労省(医療介護CBニュース)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
偽シャネル製品販売目的所持の会社社長ら逮捕 515万円売り上げ 警視庁(産経新聞)
プロフィール

ミスターひでいちあまの

Author:ミスターひでいちあまの
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。